支えることが、私達の使命です。

トップページ > 看護師採用

看護師採用

ご利用者さんのこころとからだにじっくり向き合う看護を実践します。

当センターは医療法に定める病院であるとともに医療型障害児入所施設・障害者福祉サービスの療養介護を行っています。


私たちの仕事は、手術前後の看護や障がいのある子どもたちの日常生活の支援や自立に向けての援助を行うことです。
そして、入所されている方の生命と健康を支え、その人らしく豊かに生活できるよう支援することです。

当センターの魅力としましては、
○第一に入所者の方との人間的な関わりを大切にした看護ができることです。
○第二に残業はほとんどなく、仕事と生活の調和がとれ、看護師の既婚率が50%を超えており、子育てとの両立ができることです。
○第三に職員研修を計画的に行っており、プリセプター制度を導入するなど、施設での勤務経験がない方の受け入れも整っているところです。
○第四に通勤が便利です。名古屋駅から名鉄犬山線中小田井駅まで10分、その後徒歩3分の好立地にあり、かつ自家用車での通勤も可能であるところです。

就職希望者の方の見学は常時行っております。当センターに興味を持たれ、見学を希望される方はお気軽にご連絡ください。
私たちとともに障がいのある方の命を支え、豊かな生活を送るよう支援してくださる方をお待ちしております。

青い鳥医療療育センター
看護部長

私たち、青い鳥の職員は、青い鳥が掲げる「3つの理念」を念頭におき、利用者様の笑顔がたくさん見られる看護そして介護を目標として働いています。その目標に向かって、現状に満足することなく、1日1日の日々勉強も忘れません。
それだけではなく、職員同士の笑顔が絶えることのない職場も目指しています。利用者様の笑顔そして職員の笑顔がある、そのような笑顔あふれる職場で一緒に働きませんか。
  • 利用者様一人ひとりを大切にした看護・療育を提供します。
  • 安全・安心な療育環境を提供します。
  • 他部門と共同しながら、専門性を生かした看護・療育を提供します。
  • 他の医療福祉施設と連携し、地域で暮らす障害のある方たちのニーズに応じた看護・療育を提供します。
  • 職員の人材育成を図り、看護・療育の質の向上に努めます。

青い鳥の職場について

青い鳥ではたらく―①子育てしながらの両立

両立は大変なことだけど、支えてくれる仲間に感謝!です。

私は当センターに就職してから、結婚・出産をし、現在3歳になる娘がいます。
産後、子どもが1歳になるまでは育児休暇を取得し、3歳になるまでは育児短時間制度の活用をさせていただきました。

職場復帰前は子育てや家事をしながら、変則勤務ができるのかとても不安でしたが、勤務の配慮をしてくださる師長さんや、同僚の理解・協力を得て、日々働いています。
育児短時間制度の活用中は、通常の勤務より1時間早く帰らさせていただきました。また、育児短時間制度取得期間が終了した現在も、遅番や夜勤の回数を減らしていただいたり、残業にならないように師長・主任や同僚のスタッフが協力してくださるおかげで育児をしながら、働き続けることができています。

育児をしながら働くということは大変なことですが、こうして今も働き続けていられることを、私はセンターの制度や周りの方々の理解や協力があるおかげだととても感謝しています。

青い鳥ではたらく―②新人職員の方の話

やりがいを感じる、コミュニケーションを大切にした職場です。

センターに就職してあっという間に一年が経過しました。 大学時代に実習で3日間ほどセンターにお世話になったので何となくのイメージはありましたが、全くの未経験の分野で続けられるか不安もありました。

実際働き始めてみると思った以上に様々なことが起こり、その度に悩んだりしますが、プリセプターやアソシエイトの先輩、スタッフみんなにフォローしてもらいながら一つずつ問題を解決していくことができます。小さな疑問や悩みでもカンファレンスに挙げ、沢山のアドバイスを得ることができるので、早く対処をすることができるように感じます。配属先の病棟はコミュニケーションを取ることが困難な方が多いですが、笑顔を見ることができたときはとても嬉しくなります。

2年目に入り、少し余裕を持って働けるようになってきた今、受け持ちの利用者様にとって絶対的に信頼できる存在になれるよう、日々悩みながら格闘中です。

青い鳥ではたらく―③男性職員の話

様々な職種と力を合わせて利用者様をサポート

センターに入職して、重症心身障害児・者棟に勤務しています。

入所されている利用者様は、学童期から成人期までと幅広く利用されており、利用者様の中にはコミュニケーションがとれる方も沢山おられ笑顔がたえない病棟です。病棟では、看護師だけではなく、保育士、支援員も一緒に勤務し協力しながら和やかな雰囲気で、利用者様の日常生活のお世話を行っています。

看護師としての役割は、日常生活のお世話だけでなく医療も必要不可欠です。私自身、一般病院での経験もありますが、その経験を活かせる場でもあり、やりがいを見出せる職場だと思います。そのなかで他職種と協力し共通理解を深め、一人ひとりの利用者様の生活の質が向上するとともに、利用者様の家族援助を実践していくことが私たち看護師の役割だと思います。

当センターには、多くの男性看護師、男性スタッフが勤務しており、とても良い雰囲気で働いています。新人看護師、様々な経験をお持ちの看護師の方、障害をお持ちの方のケアに興味がある方、 是非センターで一緒に働きましょう。利用者様の素敵な笑顔が待っていますよ。

青い鳥ではたらく―④充実の研修制度

看護部では、次の3つの研修を柱として行っています。

1.センター内研修

肢体不自由児・重症心身障がい児・者への看護力を高めるとともに、療育の質の向上を目指しています。その為に研修委員会を中心に毎年、研修内容を実施しています。
ex:新規採用職員研修・プリセプティー研修

2.センター外研修

年間を通じて、計画的に出張研修に参加しています。尚この研修は専門職業人として、また、療育の質の向上を図るためセンターが支援しています。
ex:看護協会研修・愛知県看護研修センター

3.療育研修会

療育研修委員会を通じて、毎月一回全職員を対象に時間外研修を計画・実施しています。内容については、年度末に職員にアンケートを行い、次年度の内容並びに講師を検討します。又、病棟研究発表は毎年それぞれ一演を発表しています。
ex:気管切開管理・多剤生耐性菌とノロウィルス

青い鳥ではたらく―⑤職員保育所

職員の子育てを応援します。

1.保育対象

センター職員のお子さま(生後57日目から3歳を迎えた直後の3月31日まで)
その他、センターが必要と認めた場合

2.入所定員・保育日・保育時間

定員:15名
保育日:月曜日から金曜日まで
(土・日・祝日及び12月29日から1月3日並びにその他センターが指定する日)
保育時間:
1<基本保育・一時保育> 8:00~19:00
2<早朝保育>水曜・金曜 6:30~ 8:00
3<延長保育>火曜・金曜19:00~21:00
4<夜間保育>火曜    15:00~翌11:00

3.保育所に関して

本センターは、平成24年1月4日より「のびやかに育て大地の芽」を保育所理念に置き、職員保育所を開設いたしました。
小さなお子さんがいて、働きに出たいとは思っていても、お子さんが心配で働けない方。将来、子どもができても働き続けたいと考えている方。
本センターで一緒に働きませんか。

青い鳥ではたらく―⑥看護職員就職支度金貸与制度

就職支度金貸与制度創設しました

1.貸与の対象者

センターへの就職が内定している看護職員。
ただし、次の項目に該当する方には支給されません。
(1)当センターでの勤務経験がある方。
(2)人材派遣・紹介会社を利用して採用された方
(3)愛知県青い鳥医療療育センター看護学生奨学金の貸付を受けた方。

2.貸与額

(1)正職員及び臨時任用職員  20万円
(2)非常勤務職員 
    ア:週38時間45分以上  20万円
    イ:週28時間以上      10万円

3.就職支度金貸与制度について

愛知県青い鳥医療療育センターでは、当センターに就職が内定した方に対して、就職準備や自己研鑽等の費用として使っていただけるよう、 就職支度金貸与制度を平成25年8月1日から創設しました。
当センターで看護職員として6か月以上勤務された方には「返還の免除」があります。
詳細につきましては、総務課 太田・看護部 渡辺までお問い合わせください。

エントリーシート(PDF)

面接カード(PDF)

  • 看護師・職員採用
  • 職員さんインタビュー
  • 青い鳥で過ごす1日
  • 応募方法
  • ご相談・お問い合わせ

センター施設一覧

〒452-0822
名古屋市西区中小田井
5丁目89番地
Tel : 052-501-4079
Fax : 052-501-4085
>>センターへのアクセス

看護師採用情報

あなたの看護力を活かしませんか?