小児科

小児科イメージ1

小児科イメージ2

小児科では発達の遅れのあるお子さんに関してリハビリテーション部門とも協力して発達を評価し、原因疾患を究明し、発達相談を行っています。
また、障がいのある方によくみられる、てんかん、筋緊張の異常、嚥下障害の診断、治療も行っています。嚥下機能に関しては、ビデオ嚥下造影(VF)、胸部CTによって摂食嚥下機能を総合的に評価、対処法を協議します。