小児発達外来

小児発達外来イメージ1

小児発達外来イメージ2

修学前の年齢で、言葉の遅れや行動の問題などがあるお子さんに対し、行動視察・発達検査などを行い、発達の評価・特徴から診断をし、必要な支援についての相談にお答えします。
言語聴覚士による言語訓練やコミュニケーション訓練を行い、子どもの発達の特徴を確認し、保護者の方と一緒に問題と対応を考えていきます。
心理相談や心理療法を行います。