支えることが、私達の使命です。

トップページ >地域療育支援

障がい児(者)地域療育支援

障がい児等療育支援事業とは

この事業は、在宅の障がい児(者)の地域における生活を支えるため、身近な地域で療育指導、相談等が受けられる療育機能の充実を図り障がい児(者)の福祉の向上を図ることを目的としています。
愛知県より委託を受け、現在13ヶ所の施設が実施しています。
当センターは平成12年10月より事業を開始しました。
地域療育スタッフとして、コーディネーターと療育相談員を配置し、施設の専門スタッフ(医師・リハビリ・看護師・保育士・支援員など)を活かし、医療型児童発達センター(親子通園)や保育所などの乳幼児期を中心とした療育(発達)支援を中心に取り組んでいます。
当センターが地域で果たす役割の一つとして、地域のニーズに丁寧に応えていくことを心がけています。

尺土さんの写真が入ります。

①  在宅支援訪問療育等指導事業

巡回相談

地域を巡回したり家庭を訪問し、地域の在宅障がい児(者)や保護者の方への相談や指導を行います。

巡回相談
(津島市総合保健福祉センター)
津島市彩雲館を会場として、年に6回(奇数月第2月曜日)医師等による発達相談を実施しています。身近な地域で発達の遅れについての相談や、障がいについての相談療育指導が受けられるような体制作りの一環として、行っています。
対象者 ・言葉の遅れや運動の遅れの気になる乳幼児・児童
・知的・身体的な障がいの心配な乳幼児・児童
場所 津島市総合保健福祉センター
<住所>愛知県津島市上之町1-54-2
時間 午前10時~12時
対象地域 海部圏域(津島市・愛西市・弥富市・あま市・大治町・蟹江町・飛島村)
申込方法 ・申し込みについては、お住まいの地域の保健センターの保健師さんにご協力をお願いしていますので、ご相談ください。
障がい児通園
(親子通園)等での
グループ相談
障がい児通園施設(親子通園)等を訪問した時に、親御さん方へのグループ相談を実施しています。親御さんにとって、発達の遅れや障がいがあることを知ることは、これからの子育てや将来への不安などを抱えることになります。また、乳幼児期の子どもは、大変な混乱の時期でもあり、育てにくさを感じる時期でもあります。
グループワークでは、育児への不安や思い等を話し合う中で、親御さん同士が支えあえるような援助を心がけています。

訪問による健康診断

在宅の重度知的障がい者の方で、医療機関などで健康診査を受けることが困難な場合、家庭を訪問したり、地域を巡回し、地域の在宅障がい児(者)や保護者の方への相談や指導を行います。

②  在宅支援外来療育等指導事業(外来療育相談)

外来の方法により、在宅の障がい児(者)や保護者の方に相談や指導を行います。圏域内の療育相談は障がい者相談支援事業(市町村事業)として実施しています。
「ことばが遅いのではないか」といった発達の遅れや、「かんしゃくがひどい」「言うことを聞かない」といった行動面での育児の相談をはじめ、医療・療育・教育など多岐にわたる相談を受け、子どもの発達を確認しながら必要な援助について相談に応じています。

対象

  • お子さんの発達が遅れているのではないかと心配な方。
  • 障がいのあるお子さんの子育てに悩んでいる方。
  • その関係者(保育・療育・学校等で関わりのある方)。

場所

  • 当センターの相談室

申込方法

  • 予約制となります。相談時間は1時間ぐらいです。希望される方は事前に電話で申し込んでください。

052-501-4079(地域療育担当)

※ 相談は無料です。

③  施設支援一般指導事業

施設支援一般指導事業とは

児童発達支援事業所及び市町村が実施するこれらに類する施設並びに障がい児保育を行う保育所等の職員に対し、在宅障がい児(者)の療育に関する技術の指導を行います。

その活動を通じて、地域の実情に応じた療育システムづくりを援助するとともに、療育関係機関相互のより良い連携を作ることも目的としています。

「青い鳥」では、施設支援一般指導事業に期待されている役割として、次のように考えています。

  • 職員に対する支援(子どもとの接し方、保護者に対する支援、問題行動に対する対応の助言等)
  • 関係機関の連携(医療機関・児童相談センター・保健センター等)
  • 支援体制に関すること(職員体制・保育・療育内容・療育の連携システムづくり等について)

当日の日程について

10:00~12:00 保育(療育)場面の観察
13:00~15:30 ケース検討会

参加スタッフ

地域療育担当を中心に、随時に医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・臨床心理士等の専門スタッフが加わり、訪問しています。

協力機関

児童・障がい者相談センター・県福祉事務所家庭児童相談室

各市町村に参加をお願いしている関係者

保健センターの保健師 行政担当者 等

申込について

前年度に各市町村に対して希望調査をします。それに基づいて年間実施計画を作成します。

地域療育研修会(年6回程度)

地域において障がい児(者)療育等に携わっている職員を対象にして実施しています。講演形式の研修や事例検討会・グループワークなどを行って、情報交換の場としても活用していただきております。

平成27年度の地域療育研修会の内容

7月21日 「地域における青い鳥医療福祉センターの役割」
「子どもの睡眠と発達」
施設見学
8月25日 「青い鳥のコミュニケーション支援」
「自閉症スペクトラム児の理解と支援」
10月6日 「遊びと作業療法」
「発達障害児の家族支援」
12月1日 「どんぐり園の紹介」
「ダウン症児の理学療法」
2月2日 「子育て支援・保育・療育における『これからの発達障害』」
グループワーク
12月5日・1月12日・2月9日 インシデントプロセス法による事例検討会
(連続3回)

よくあるご質問

Q 対象者は誰ですか。
A 津島市・愛西市・弥富市・あま市・大治町・蟹江町・飛島村・清須市・北名古屋市・豊山町に住んでいる重症心身障がい児(者)・知的障がい児(者)・身体障がい児の方が対象です。
Q どんなサービスが受けられますか。
A 次の3つの事業があります。
①在宅支援訪問療育等指導事業
②在宅支援外来療育等指導事業
③施設支援一般指導事業
Q サービスを利用するにはどうすればいいのですか。また費用はいくらかかりますか。
A すべて無料です。

その他に疑問に感じたことなどがありましたら下記まで、お電話でお気軽にお問い合わせください。

A

A

愛知県青い鳥医療療育センター 地域療育担当まで

  • 障がい児等療育支援事業
  • 在宅支援訪問療育等指導
  • 在宅支援外来療育等指導
  • 施設支援一般指導
  • 地域療育研修会
  • よくあるご質問
  • ご相談・お問い合わせ

センター施設一覧

〒452-0822
名古屋市西区中小田井
5丁目89番地
Tel : 052-501-4079
Fax : 052-501-4085
>>センターへのアクセス

看護師採用情報

あなたの看護力を活かしませんか?